冠婚葬祭こそTPOを大切にしましょう

お悔やみや結婚式など、社会人になると冠婚葬祭に行く機会が増えますね。
一番はそれらの主への気持ちですが、やはり社会人として気をつけるべきなのが服装です。
まずはお悔やみ事の際ですが、一番良いのはフォーマルスーツです。
黒ならば何でも良いということではなく、できれば漆黒色の黒の中でもより深い色でできた生地の服を着用します。
男女共にスーツ専門ショップなら大体のお店で扱っています。
急なことと言ってもサイズ直しなどで購入してすぐに持ち帰れない事もあるので一着は準備しておくと良いですね。
着用の際は男性なら黒のネクタイを締め、女性ならスカートの時は薄地の黒色のストッキングを履くようにします。
特に女性は足元にも気を使いましょう。
パンプスやバッグは革製品の物は基本的にNGです。
布地の物を使用するようにします。
そして、結婚式の場合は晴れやかな場ですので明るい色を着用します。
男性はスーツに明るめのネクタイ、女性はパーティードレスやお着物が基本です。
特に女性はお昼の場合は肩や背中が出るような露出のある服を控え、装飾品はパールなどで光物でないもの、肌色のストッキングでつま先まである単色のパンプスを履くのが相応しいです。
逆に夜は少々露出があってもよいですし、ゴールドやプラチナなどのネックレスも大丈夫です。
あくまでも主役は新郎新婦ですので派手すぎない服装を心がけましょう。
社会人として冠婚葬祭での服装は大切です。

葬儀 相模原
突然の訃報でも葬儀のプロが丁寧に対応

24時間年中無休の格安葬儀社ならグランドセレモニー
急な訃報の際にもいつでもいつでも対応可能。疑問や不安があれば何でもご相談ください。

最新投稿